【体験談・口コミ】ハッピーメールはパパ活できる老舗アプリ

出会い系サイトとして有名な『ハッピーメール(ハピメ)』。

パパ活専門アプリではありませんが、意外とパパ活目的で使っている男女が多く、パパと出会いやすくて効率的にパパ活できるんです。

本記事では、

  • ハッピーメール(ハピメ)でパパ活する方法・使い方
  • ハッピーメール(ハピメ)でパパ活するメリット・デメリット

など、ハッピーメール(ハピメ)を使ったパパ活について詳しく解説していきます!

登録者数が多いためパパ活がしやすいハッピーメール

パパ活 ハッピーメール ハピメ

(出典:https://happymail.co.jp/

運営元株式会社アイベック
福岡県福岡市中央区大名2丁目1番30号A・IビルB館
0570-010-196
利用環境Webサイト
iOSアプリ
androidアプリ
会員登録数累計3,000万人超
1ヶ月プランの
利用料金
【女性】
無料
【男性】
月額料金なし
ポイント購入による従量課金制
登録している
男性の特徴
18歳~60代以上と幅広い年齢層
パパ活目的でない人もいる
パパ活目的の場合は慣れていてスマートな人が多い
ハッピーメールってこんなサービス
  • 累計会員数3,000万人超、老舗のマッチングサイト
  • パパ活専門アプリではないが、パパ活目的のユーザーが増えている
  • 女性は無料で利用できる

ハッピーメール(ハピメ)は1999年から運営されていてすでに25年の実績を持つ老舗のマッチングサイトです。

最初に言っておくと、ハッピーメール(ハピメ)は出会い系サイトであり、パパ活専門アプリではありません。18歳~60代以上と幅広い年齢層の男性が登録していますが、パパ活希望の男性は40~50代がメイン。

以前はパパ活目的のユーザーが少なかったのですが、ここ数年、パパ活が急速に広まったこともあり、「ハッピーメール(ハピメ)をパパ活で使っている」という人が男女ともに激増しています!

2018年にはハッピーメール(ハピメ)を使って新潟県知事が女子大生を相手にパパ活をしていたと報じられ、辞職するという事件もありました。

新潟県の米山隆一知事(50)は18日夕方、緊急会見を行い、辞職を表明した。19日に発売される週刊誌「週刊文春」が、出会い系サイト「ハッピーメール」を通じて知り合った女子大生との「援助交際疑惑」を報じることを受けた。

新潟県知事が辞任「けじめを」女子大生と援助交際か|日刊スポーツ

月額料金制でひと月に5,000~10,000円程度の料金がかかる一般的なパパ活アプリ・パパ活サイトと違って、ハッピーメール(ハピメ)は使う分だけのポイントを購入する従量課金制。そのため、男性にとって料金負担が少なく、始めやすいという点でもユーザーがどんどん増えているのです。

出会い系サイトとしてのイメージが強いハッピーメール(ハピメ)ですが、いま現在はパパ活目的のユーザーが男女ともに多く、サブのパパ活ツールとして利用しているパパもいたりして、意外と太パパと効率的に出会えちゃいます。

【特徴・メリット】パパ活女子がハッピーメールを選ぶ理由

女の子がパパ活を始めるとき、一番大切なのは「危険な目に合わずにパパと出会える」ということです。

X(旧Twitter)などのSNSでパパ活相手を探している子もいますが、あれは本当に危険なので絶対にやめてくださいね。

SNSは無料で、身分証がなくても誰でも使えます。気軽に人とコミュニケーションがとれて良いのですが、詐欺や宗教の勧誘に遭ったり、暴行・窃盗といった犯罪被害に遭ったりといったトラブルのリスクがぐっとあがってしまいます。

少しでもリスクを抑えてパパ活するなら、パパ活アプリやパパ活サイトなどのサービスをきちんと利用すること!

パパ活でハッピーメールを使うメリット
  1. 会員数が多くてパパとすぐに出会える
  2. 即日会えるから効率的に稼げる
  3. 長年の運営実績があって安心

ひとつずつ確認していきましょう。

①:会員数が多くてパパとすぐに出会える

老舗のマッチングサイトであるハッピーメール(ハピメ)の会員数は累計3,000万人を超えていて、現在でもアクティブユーザーがかなり多く、とにかくたくさんの男性と出会えます!

もちろん、男性ユーザーの中にはパパ活目的でない人も多いので、全員がパパになってくれるわけではありませんが、ここ最近はパパ活希望の男性ユーザーもどんどん増えているので、効率的にパパ活できます

「もとが出会い系サイトだし、太パパなんていないんじゃないの?」と思ってしまいますが、意外とお金持ちで紳士なパパと会えたりもしますよ♡(根気は必要ですが…)

②:即日会えるから効率的に稼げる

仕事終わりや学校が休みの日など、自分の都合の良い時間でさくっとパパと会えるのはパパ活女子にとって大きなメリット。

ハッピーメール(ハピメ)に登録している男性はアクティブユーザーが多く、掲示板機能などを使えば即日で会える人を見つけられます。

効率的に素早くパパと出会うことができれば、稼げる金額も大きくなっていきますよ◎

③:長年の運営実績があって安心

ハッピーメール(ハピメ)の運営開始は1999年。すでに約25年の実績があるマッチングサービスです。

サポートの対応時間が限定されているパパ活アプリ・パパ活サイトが多い中、ハッピーメール(ハピメ)では24時間365日いつでもサポートに対応してもらうことができます。

個人情報の取り扱いや違反行為をするユーザーに対する処置など、安全面に関するノウハウも蓄積されているので、安心してパパ活することができますね◎

【比較】ハッピーメールと他のパパ活アプリの違い

パパ活専門ではないマッチングアプリでありながら、太パパを発掘できることもあるハッピーメール(ハピメ)。

そんなハッピーメール(ハピメ)と他のパパ活アプリ・パパ活サイトを比較してみます。

パパ活アプリ
・サイト名
会員数の
多さ
パパの
見つけやすさ
独自の
機能
サイトの特徴
ハッピーメール
(ハピメ)
1999年~運営されている老舗のマッチングサービス
累計会員数3,000万人超
すぐに出会えて効率的に稼げる
パパ活専門アプリではない
大人希望のパパが多い
Sugar Daddy
(シュガーダィ)
日本で初めてできたパパ活サイト
平均より若いパパが多い
異性の通報回数を確認できる
男性の年収証明機能あり
Love&
(ラブアン)
平均より若いパパが多い
オンライン顔合わせ”恋Q”
アピール動画の掲載
男性の年収証明機能あり
DROSY(ドロシー)登録できる女性は24歳以下という制限がある
「成功した富裕層男性」限定のマッチングサービス
最低限の個人情報で登録できる
paters
(ペイターズ)
パパ活アプリの中でも高い知名度がある
男性の利用料が比較的高い
男性の年収証明機能あり

繰り返しになりますが、ハッピーメール(ハピメ)は本来パパ活専門アプリではなく普通の出会い系で、「最近パパ活目的のユーザーが増えている」というだけなので、パパ活目的でない男性もたくさんいます

そこまで取り締まりが厳しいわけではないのですが、「パパ活希望者でない男性にお手当を要求するメッセージを送ってしまって通報された」なんてことが何度か重なってしまうと、アカウント停止処分などをくらってしまうかも。

意外と太パパがいて効率的に稼げるハッピーメール(ハピメ)が使えなくなってしまうと損なので、注意しておきましょう!

【おすすめ】ハッピーメールは地方でパパ探しに悩む女性向け

ハッピーメール(ハピメ)は長年の実績があって会員数も多く、効率的にパパ活しやすいマッチングサービスですが、特にこんな女性にはおすすめ。

ワクワクメール(ワクメ)でのパパ活に向いている女性
  • 新規パパとのやりとりを頑張れる女性
  • すぐにパパと出会いたい女性
  • 地方でもパパ活したい女性

地方でもパパ活したい女性

パパ活が盛んな場所といえば、やっぱり東京やその周辺。地方であっても札幌や仙台、大阪、名古屋などの大都市ばかり。

パパ活アプリ・パパ活サイトによっては会員数が少なくて

「私が住んでいる地方では全っ然パパがいない!会えない!」

となってしまうこともあるのですが、ハッピーメール(ハピメ)は地方でも会員がたくさんいて、都内や大都市まで行かなくてもパパ活しやすいです◎

地方在住のパパ活女子がパパを探すなら、会員数の多いハッピーメール(ハピメ)がおすすめ。

新規パパとのやりとりを頑張れる女性

ハッピーメール(ハピメ)では、1人のパパと長期的な関係を築くよりも、新規のパパをぶん回して稼ぐ方法が有効です。

「顔合わせは絶対に1万円以上」、「大人は5万円以上」など、高めのお手当にこだわろうとすると会えないこともありますが、少しだけ妥協して新規パパを高回転させることができれば、かなり効率的に稼ぐことが可能◎

変なメッセージや高圧的なメッセージを送ってくる男性もいて、「新規の男性とやり取りするの苦手…疲れる…」と感じてしまうパパ活女子も多いですが、そこを粘って頑張れれば不意に太パパとめぐりあえたりすることもありますよ。

すぐにパパと出会いたい女性

ハッピーメール(ハピメ)は会員数がとても多く、割とパパを簡単に見つけることができます。

特に、出会い系サイトの神髄ともいえる「掲示板機能」が活発に利用されていて、いちいち男性を検索しなくても、募集投稿しておくだけですぐに数人からアプローチを受けられることもあります。

空いた時間を使って効率的にパパと会って稼ぎたい女性にはおすすめのパパ活ツールです。

【口コミ・体験談】パパ活女子のハッピーメール評価

ハッピーメール口コミ①:パパ希望が意外といる(20代前半/大学生)

ハピメでパパ見つかるのか疑問だったけど、意外とパパ希望多い。こっちから切り出さなくても条件聞いてくれると助かる。

本来は普通の出会い系サイトで、パパ活サイトではないハッピーメール(ハピメ)ですが、意外とパパ活している男女が多いのが現状。会員数も多いので、効率的にたくさんのパパと出会うことができます◎

ハッピーメール口コミ②:顔合わせ1いただけることに

ハッピーメール(ハピメ)はパパ活専門アプリではないので、セフレや飲み友達など、お手当なしでの関係を希望している男性も多くいます。

ですが、中には顔合わせで1万円以上くれるような金持ちパパも。「ひょっこり太パパと出会えた!」なんてこともあるので、数打ちゃ当たる精神でたくさんの男性とメッセージをしておくのも良さそうです◎

ハッピーメール口コミ③:思ったよりお手当をはずんでくれた(20代前半/会社員)

ハピメ、思ったよりお手当はずんでくれる人多くて嬉しい。数回すつもりだったけど、ダメ元で言った金額そのままくれる人多い。

高めのお手当希望額を伝えてみたら、すんなり受け入れてもらえたという話も。

もちろん、みんながみんなそんな太パパなわけではないのでたくさんの男性と交渉する必要はありますが、意外とすぐに太パパを見つけられちゃうかも?

ハッピーメール口コミ④:「大人希望」「セフレ募集」ばっかり(10代/大学生)

そもそもパパ活じゃなく「セフレ募集」って人が多いし、パパ活だったとしても二言目には「大人、大人」言ってくる人ばっかり。健全だけのパパ活はできなさそう。

ハッピーメール(ハピメ)にはパパ活かどうかに関わらず、体の関係を持ちたい男性が登録していることが多いです。大人の関係ありで高額お手当をもらいたいパパ活女子にとっては効率よく相手を見つけることができるのですが、お茶・お食事のみのパパ活をしたい女の子にとってはデメリットと感じますね。

ハッピーメール口コミ⑤:冷やかし・ドタキャン

ハッピーメール(ハピメ)に限った話ではありませんが、パパ活ではドタキャンや無断キャンセルといったトラブルが起こりやすいです。たいていの人は常識があって優しいのですが、やっぱり変な人もゼロではありません。

ドタキャンだけでなく、お手当の額などでトラブルになってしまう可能性も。

メッセージの返信があまりにも遅かったり、言葉遣いがぞんざいだったりするような男性は避けてパパ活するようにしましょう!

【パパ活女子必見】ハッピーメールのお手当相場

デート内容お手当相場
顔合わせ(30分~1時間程度)0.5~1万円/都度
食事(ランチ・1時間程度)1~1.5万円/都度
食事(ディナー・お酒あり・2時間程度)1~3万円/都度
大人3~7万円/都度
買い物・おでかけ(日帰りデート)1~3万円+プレゼント

実際にパパがくれるお手当の額は、

  • パパのお財布事情
  • 女の子の容姿やスタイルがどれだけパパの理想に近いか
  • パパとの距離感・付き合いの長さ

など、いろいろな要素によって大きく変わるので、上の表はあくまで”相場”です。

ハッピーメール(ハピメ)では定期関係になれるパパを探すよりは、新規のパパと効率よく会う使い方のほうがパパ活しやすいので、旅行や月極のお手当はあまり発生しません。

また、ハッピーメール(ハピメ)にはパパ活目的でない男性が一定数いて、「お金を渡すつもりなんてなかったけど?」と言われることもあるので、トラブル回避のためにも条件は先にきちんと決めておくようにしましょうね!

お手当UPを狙うなら
  • 挨拶とお礼を欠かさない
  • 肌や髪の手入れをして見た目に最大限気を遣う
  • 派手系の露出が多い服装よりも清楚系・きれい系
  • パパに対して「ひとりの人間」としてちゃんと接する

【使い方】ハッピーメールの登録から顔合わせまで

それでは、実際にハッピーメール(ハピメ)に登録するまでの流れや使い方を見ていきましょう!

ハッピーメールで顔合わせするまでの流れ
  1. ハッピーメール(ハピメ)に登録する
  2. 本人証明・年齢確認
  3. パパを探してマッチング
  4. メッセージを交わして日程調整・条件交渉
  5. 待ち合わせ場所でパパと合流

手順①:ハッピーメール(ハピメ)に登録する

パパ活 ハッピーメール ハピメ

(出典:https://happymail.co.jp/

ハッピーメール(ハピメ)は、Webサイトとアプリ両方で使えます。

Webサイトでの利用アプリでの利用
メリット利用していることがバレにくいログインが簡単
デメリット毎回のログインがちょっと手間アプリアイコンを見られるなど、周囲にバレるリスクがある

まずはAppStoreもしくはGooglePlayからアプリをダウンロードします。

アプリを使わずにWebサイト上で登録する場合は、公式サイト(https://happymail.co.jp/)「女性 18歳以上」のピンクのバナーをタップしてください。

あとは表示される画面に従って必要事項を入力していくだけ!

パパ活 ハッピーメール 登録

(出典:https://happymail.co.jp/register/input-female/

電話番号、パスワード、生年月日を入力して、「確認画面へ」をタップ。

SMSで電話番号認証をして、プロフィールを入力します。

入力するプロフィール項目
  • 住んでいる地域
  • ニックネーム
  • 年代
  • 探している相手(遊び友達、趣味友達、恋人などから選択)

など

入力と電話番号認証を済ませれば、すぐに登録完了です◎

手順②:本人証明・年齢確認

ハッピーメール(ハピメ)はマッチングサイトなので、18歳未満の利用は禁止されています。

そのため、年齢確認を完了させないと、パパとマッチングしてもメッセージのやり取りをすることができません

マイページから年齢確認の作業をしていきます。

本人証明に使える書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

など

学生証や社員証は公的な書類ではないので本人証明には使えません!注意してください。

本人証明資料を写真に撮ってアップロードすると、審査がおこなわれます。1~2時間程度あれば審査完了になります。しばらく待っても完了できない場合は「お問い合わせ」から確認してみましょう。

プロフィールを作るときには、顔写真の登録をするのがおすすめ。

顔出しなしでパパ活したい女の子が多いのはわかるのですが、パパからしたら「顔が好みかもわからない子にお手当出して会おうなんて思わないよ!」という感じなので、写真を載せていないとマッチングはなかなか難しいです💦

手順③:パパを探してマッチング

会員登録・プロフィール作成が終わったら、さっそくパパを探しましょう。パパとマッチングするためには、3つ方法があります。

  1. パパからのメッセージを待つ
  2. 自分で検索してメッセージを送る
  3. “掲示板”機能を使う

マッチング方法①:パパからのメッセージを待つ

特に登録したばっかりの頃は、「新規登録女性」として優先して男性側にプロフィールが表示されるようになっているので、男性からのメールが頻繁に届くことも。

メッセージをくれた男性のプロフィールを確認し、条件が合いそうと思ったパパにはメッセージを返してやり取りを開始しましょう。

マッチング方法②:自分で検索してメッセージを送る

年齢や地域などの条件を指定してパパを探すことができます。

あんまり絞り込んでしまうと条件の合うパパが見つからないこともあるので、「これは絶対譲れない!」というところだけ絞って検索するのがおすすめ。

しっかりプロフィールを確認して、パパ活希望の男性かどうか確認するのを忘れずに!

マッチング方法③:”掲示板”機能を使う

ハッピーメール(ハピメ)では掲示板の利用が活発におこなわれています。

会える時間・場所を指定した投稿を見たり、自分で投稿したりして当日~近日中に会えるパパを探して、すぐに顔合わせまで進めることができます。

急に予定があいちゃった!というときに便利なので、使ってみましょう◎

手順④:メッセージを交わして日程程調整・条件交渉

パパになってくれそうな男性を見つけたら、メッセージを交わして顔合わせの日程決めと条件交渉をしていきます。

条件に関しては、パパの希望を聞きつつも、お手当相場を参考に自分の中で「最低これくらい」というラインを決めておき、そこは譲らないのがトラブルなくパパ活をするコツです!

相手の男性がパパ活希望ではないのにお手当や大人の有無などの条件交渉をしてしまうと、運営に通報されてしまう恐れがあるので注意しましょう!

手順⑤:待ち合わせ場所でパパと合流

約束の日になったら、遅刻しないよう早めに待ち合わせ場所へ向かいます。

パパより先に到着しているのが望ましいですが、交通事情などで遅れてしまったときには、きちんと謝ることが大事。パパと合流出来たらすぐ、「遅れてしまって本当にすみません!待っていてくれてありがとうございます。」と目を見てはっきり伝えましょう。「ごめんなさぃ…」ともごもご言うのは印象が良くないです。

パパと約束をしてから、実際に会うまでに何日間か時間が経ってしまうときには、前日や当日の朝に「明日(今日)はよろしくお願いします。」と1回連絡をしておくと、ドタキャンを防ぎやすくなりますよ!

パパ活の顔合わせは、ホテルのラウンジや高級路線の落ち着いたカフェでするのが定番。いきなり個室や車で会おうとするパパは危険な人の可能性も。「最初から個室(車)は少し怖いので、カフェなどで会えませんか?」とストレートにお願いしましょう。それでも強引に個室や車での約束をしようとする人とは会わないのがおすすめです!

【費用】ハッピーメールの利用料金

男性の利用料金

男性がハッピーメール(ハピメ)を利用する際には、必要に応じてポイントを購入する従量課金制となります。

月額料金はかかりません。

ポイントは基本1ポイント=10円で、まとめ買いすることで割安になります。

金額ポイント数
1,000円100p
2,000円210p
3,000円320p
4,000円430p
5,000円550p
10,000円1150p
15,000円1700p
20,000円2300p

女性の利用料金

ハッピーメール(ハピメ)は、女性は基本無料で利用することができます。

ただし、一部機能を使うためには”コイン”が必要。新規登録で120コインをもらうことができます◎

コインを消費する例
  • 同性(女の子)の掲示板を閲覧する:1コイン
  • アダルト画像を投稿する:3コイン
  • アダルト動画を投稿する:5コイン

わざわざコインを消費して画像・動画を投稿する理由は、投稿した画像・動画が男性から評価されると”マイレージポイント”を貯めることができるから。

画像・動画を投稿しなくてもマイレージポイントを貯めることはできるので、このあと少しご紹介します。

マイレージポイントについて

ハッピーメール(ハピメ)では、さまざまな行動によって”マイレージポイント”が貯まります。

マイレージポイントが貯まると、Amazonギフト券や現金への換金が可能◎

行動マイレージポイント数
画像が評価されるすごく良い:20mp
良い:10mp
動画が評価されるすごく良い:30mp
良い:20mp
メールを送る2mp
ボイスチャット20~30mp/分
いいねされる2mp

わざわざアダルト画像や動画を投稿しなくても、メッセージを送ったりといった行動でも少しずつですがマイレージポイントが貯まっていきます。

すぐにたくさん貯まるわけではありませんが、パパ探しのついでに気が付いたら結構貯まっているので、なかなか理想のパパと出会えなくても気が楽ですね◎

【注意点・デメリット】ハッピーメールの欠点

①:パパ活希望じゃない男性の多さ

ハッピーメール(ハピメ)は約25年以の運営実績があり、非常に会員数が多く出会いやすいマッチングサイトですが、パパ活専門ではありません

年齢層を高め(40代以上など)に絞って男性検索しても、「セフレ募集」など、パパ活ではない男性がかなり多くいます。

パパ活希望の男性と効率よく出会うために、プロフィールには「応援してくれる方を探しています」など、やんわりと“お金目的・パパ活目的である”ことをわかってもらえるような文章を入れておきましょう。

ただし、「金銭的に支援してくれる方」などと直接的な書き方をしてしまうとアカウント凍結されるリスクがあるので注意してくださいね。

②:大人ありのパパ活がほとんど

ハッピーメール(ハピメ)でパパ活希望の男性を見つけても、そのほとんどは大人の関係目当てです。

健全デートのみでお手当をもらうパパ活は、ハッピーメール(ハピメ)では難易度が高め。

大人の関係ありで高額お手当をもらいたいパパ活女子にとっては、掲示板などを使えば効率よく相手を見つけることができて良いのですが、お茶・お食事のみのパパ活をしたい女の子にとってはデメリットと言えます。

③:マナーやモラルのない男性に注意

ハッピーメール(ハピメ)はいわゆる”出会い系サイト”で、マナーやモラルのない男性会員も一定数います。

ドタキャンや無断キャンセルといったトラブルはパパ活ではつきものなのでハッピーメール(ハピメ)に限った話ではありませんが、ハッピーメール(ハピメ)内での出会いではドタキャンもそれなりの頻度で起こっている印象。

約束の前日・当日にはメッセージを入れておき、少しでもドタキャン・無断キャンセルのリスクを低くできるよう対策しましょう。

【Q&A】ハッピーメールのよくある質問

ハッピーメール(ハピメ)は本来、通常の恋人探し・友達探しをメインとするマッチングアプリであって、パパ活専門アプリではありません。

この数年でパパ活目的のユーザーがかなり増えていてパパを見つけやすくはあるのですが、パパ活希望でない男性も一定数いますし、「パパ活」「援交」といった金銭の授受を示唆するワードをメッセージ内で使うとアカウント凍結などの処分がされることもあるので注意が必要です。

ハッピーメール(ハピメ)はパパ活用アプリではなく普通のマッチングサービスなので、パパ活は禁止されています。とはいえ、パパ活の取り締まりがそこまで厳しいわけではなく、比較的ゆるめです。

直接的に「金銭支援してほしいです」などと書き込んでいると取り締まりを受ける可能性が高いですが、「夢を応援してくれる年上の男性を探しています」みたいな書き方なら特に問題にはならないでしょう。

ハッピーメール(ハピメ)はパパ活専門アプリではないので、割合でいえばパパ活希望の男性は決して多くはありません。ただ、この数年で一気にパパ活人口が増えたこともあり、パパ活したい男性の中で「ハピメでパパ活女子と出会える」と話題になり、パパ活希望男性が増えてきています。中には普通のパパ活アプリ・パパ活サイトに飽きてしまって心機一転ハピメを始めてみた!という太パパもいたりして、意外と効率的に稼げるサイトとなってます。

ハッピーメール(ハピメ)はマッチングサービスなので、法律上18歳未満は利用できません。

嘘をついて登録したとしても、男性とメッセージをするためには公的証明書(運転免許証・パスポートなど)による年齢確認が必須なため、実際に会うことはできません。

ハッピーメール(ハピメ)は効率的に新規パパを探すことができますが、パパ活専門アプリではないので、定期パパになってくれる人はあまりいません。ハッピーメール(ハピメ)だけでがっつり稼ごうとするのではなく、空いている時間に気軽に使えるパパ活アプリというくらいの気持ちで利用するのがおすすめです。

ハッピーメール(ハピメ)の登録者数は累計3,000万人を超えていて、日本最大規模のマッチングサービスです。1999年~約25年の運営実績があり、対応エリアも日本全国。

地方都市にも多くの会員がいるので、全国どこでもパパを探すことができます。

【まとめ】ハッピーメールは意外と穴場なパパ活女子の稼ぎどころ

  • ハッピーメール(ハピメ)は累計会員数3,000万人超の大規模マッチングサービス
  • パパ活専門アプリではないが、パパ活希望のユーザーが増えていて稼ぎやすい
  • 大人ありのパパ活ならがんがん稼げる
  • 意外と玄人な太パパとも会える

パパ活専門アプリではないハッピーメール(ハピメ)ですが、男女ともにパパ活ユーザーが増えていてパパ活女子が稼ぎやすい環境になっています。規制もそんなに厳しくなく、自由にパパ活することが可能◎

効率的にパパと出会える『ハッピーメール(ハピメ)』で太パパを発掘しましょう!